無料カウンター出会い出会い映画SEO出会い出会いSEO対策SEM TODAY: YESTERDAY: 月光を浴びる

2006年12月14日

国語と地理の期末が帰ってきました

地理の点数が思った以上に低くて落ち込んでいるベネディクトです。断っておきますが、宗教関連でつけた名前ではありません。

「まあ、ヴァンパイア好きでその名前もどうよってことですが」

気にしない。さて、テストの結果なんですが、地理は平均点自体が低かったようで、うちのクラスの最高点が66点というかなり恥ずかしい状態。
ちなみに私はクラス二位で63点。平均点80を目指してテストを受けているのに-17点……しかしテストにまったく授業でやった覚えのない問題がでるのは仕様ですか? 範囲は授業でやったところ全てという話でしたが。

「いや、わたしに言われても知りませんが」

で、国語なんですが、改心の出来だと思ってましたが、少しミスが目だって90点、どうやらまたしてもクラス2位。

「クラス2位ばっかりか」

ひとつの教科で1位をとったりはほとんどできませんね。バランスよく点はとれても突出して得意な教科がない秀才レベル。
秀才は努力した凡才。天才は努力しようとしまいとそれを越す。
天才っていいなあ……

今のところ平均点は76,5点ですか。あと4点は底上げして、平均点80点を取らねばなりませんな。まあのこりは保健以外は全て80点を超えた手ごたえはありましたから大丈夫だと思いますが。

「そういえば、今回めずらしく完全な日記ですね」

D−0の事ばかりではすぐにネタが尽きるので、このように更新頻度を上げていっています。最近は色々有って更新できなかったりしてますが。

では、またテストが帰ってきたら雑文のカテゴリで更新します。
posted by ベネディクト at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

昨日の話

昨日は津田沼オーガにてブードラ予選。当然負け。

「負けて当然というのもどうかと思いますが」

ブードラは苦手なのですよ。しかし収穫はありました。4位でサイバーチェイスをゲット。8パックから二枚も出てましたからね。

「多いですな」

そしてその後セカンドベーシック4パックドラフト開始。当然参加。

結果は2位でヒメチシオをゲット、その後トレードで二枚目をゲットしたのでまあ満足。それと決意のジェミニも3枚目がトレードで手に入りました。
カード集めもなかなか順調です。

「まあ、色々なカードが手に入っていないようですが、果たしてエキスパンション発売までにカードを集めておけるんでしょうかねえ」

えー、正直に言って無理ゲーです。ま、しばらくはデッキ研究でしょう。今日もオーガに行ってカード仕入れや調整その他をやってきます。新しいデッキを組んでみた事ですし。

posted by ベネディクト at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ディメンション・ゼロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

存在の証明

「つまり、久々の更新で存在を証明した、という事でよろしいですか」

よろしいのではないかと。

それはどうでもいいのですが。昨日はなんとか資金の調達に成功したので戦力の強化を図るべくオーガに向かったわけです。

「ほう。どういった戦力を手に入れたのですかな」

ふ、いいでしょうとも。教えて差し上げましょう。まず、ステルス・

「ごめんなさい」

スナイパーと、イビルアイ・ドライバー。決意のジェミニ等。おかげで月初めから所持金が大変な事になっておりますが、なんとかなる筈です。今までだってお金なんて無くてもやってきたんだ。

ちょこっとフリープレイなどもしましたが、即興で組んだ赤黒は今一でした。もう少し手を加えますが、それよりも相手のデッキが面白かった。なにせ

ユニットがセンチネル・センチピート以外は全て7,8コストという流氷からリリースで出していくデッキ。カオスヘッドやらシュレーゲル様やらが出てきて困ってしまいます。
さらにもうひとつ戦ったデッキがありますが、それがバブルフェアリーだったのだからもう……ギリギリでデッキ切れ勝ち。除去しきる以外に何か方法が?

「いや、聞かれても困りますが」

さて、デッキの見直しに入るので、今回はこれにて。
posted by ベネディクト at 16:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ディメンション・ゼロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

風邪気味、貧血、ネタもなし。

そういうわけで、更新が滞りまくりです。

調子が出てくるまで(多分来月まで)まともな更新は無い物と思われます。

期末もありますし。
posted by ベネディクト at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

忘れないうちに

近頃体力を持たせる為にぼーっとしていることが多いせいか、そのまま意識や記憶がトンで物忘れをするようなことがあるので、思いついたデッキアイデアなどをメモ代わりにここに記します。

「いや、あんた大丈夫か」

大丈夫じゃない気もします。では、まずはこんなデッキを。


デッキ名:Club Underworld

ユニット―8枚―
ステルス・スナイパー×3
シルバーワイズ・ドラゴン×1
輸送戦鬼貪欲丸×3
カオスヘッド・ドラゴン×1

ストラテジー―3枚―
紅き覇王の門×3

ベース―5枚―
アンダーグラウンド・メイズ×3
王家の墓標×2


ユニット―11枚―
キラー×3
イビルアイ・ドライバー×3
幻影王ルドルフ×2
シュレーゲル様×3

ストラテジー―13枚―
肉屋の注文書×2
ダンスパーティー×3
蠢く死者×3
呪われた手紙×3
失恋の痛み×2

デッキ名へのツッコミは受け付けません。

「受け付けろ」

却下です。動かし方としては、まあ見たままのリアニメートです。アンダーグラウンド・メイズor王家の墓標or貪欲丸と蠢く死者のコンボを一度起動すれば即ウィナー? 的なデッキです。
序〜中盤にかけてはプラン更新や肉屋の注文書でデッキを掘り下げてルドルフやシュレーゲル様を墓地に落としたり、プランゾーン効果ユニットによる除去で凌ぎます。
そして8枚投入されたリリース用カードたちプラス蠢く死者のコンボを起動してそのまま〜。というのが理想的な流れです。
とはいえこんな流れが毎回毎回うまくいくわけが無いので、早い段階でコンボ起動が無理そうなら、シュレコンとして動いてみましょう。シュレーゲル様を素出ししても結構効果発動はできますし、コントロールしながら戦えばそうそう負けはしません。

「問題は速攻デッキへの耐性ですか」

そう、さすがにスペースがないので、キラーぐらいのものです。ただ、一度キラーで凌げれば、後はプランユニットで何とか、ぐらいしかないので、ロストウィニーに対する耐性はほぼ0といってもいいでしょう。
ただ、4色プランにチワワが投入された事でロストウィニーもそうそう楽に勝たせてはもらえなくなっているので、かなり数が減っているようですから、こういう重いデッキもアリではないかと思います。

「なるほど」

そしてあとメモすることとして――あれ?

「どうしました」

……他のメモすることを忘れました。

「………えぇぇ」

お、思い出したら追記します。これにて終了。


posted by ベネディクト at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ディメンション・ゼロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

ちょっとだけ頑張った。

オーガでグランプリ予選があったのでいってきました。
人数が少なくて少し驚いた。20人いなかったかな。
デッキは当然黒単、シュレーゲル様コントロール略してシュレコンです。

「略さない方がいいような気も……」

で、結果としては2位でした。といっても1位を狙える位置にいたかというとそうではなく、3戦目を終えた時点で一勝一敗一分け、で残りが全勝で13点フィニッシュ。一位とは点に差がつきましたね、確か15点でした。
今日はデッキ紹介だけで終わります。レポートを書く気力はないので。


デッキ名:黒単シュレコン(確定)

ユニット―19枚―
キラー×3
レディ・ラベンダー×3
スリーピング・パペット×1
スパイク・ガールズ×3
ミュラー×2
全知の魔鏡×3
イビルアイ・ドライバー×1
幻影王ルドルフ×1
時空を歪める者シュレーゲル×2

ストラテジー19枚―
ダンスパーティー×3
絶望の連鎖×3
呪われた手紙×3
失恋の痛み×3
冥界の門×3
シャドー・ソウル×1
バードマン・ソウル×3

ベース―2枚―
ブラック・ホール×2


ストラテジーが多いです。気にせず除去って下さい。全知の魔鏡とかで頑張ったらシュレーゲル様をプレイ、歩く、勝利というデッキです。

「ええええ〜」

除去してればそれで勝てます。まあ正直シュレーゲル様とルドルフが少ないかなとは思ってますが、とりあえずシュレーゲル様はもう一枚要ると思います。あ、あと、間違いなくイビルアイ・ドライバーは後2枚要るのでお気をつけ下さい。

「皆入れるって」

そりゃそうですが、ドライバーがあと2枚あればこのデッキもシュレーゲル様だけに頼らずとも勝てるデッキになるんですがね、少なくとも大型主体のデッキにはものすごく勝てます。除去ストラテジー9枚は伊達じゃありません。もうちょっといじれば完全な黒単ができあがるのですが。ドライバーが必要なので無理っぽいです。

「まあ残念でしたね」

ま、できるだけ安価な、というか私に組める範囲のデッキで頑張ってみますか、他のグランプリ予選に出るかどうか凄い微妙ですが。

では、今日のところはこの辺で、さようなら〜。
posted by ベネディクト at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ディメンション・ゼロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

明日はオーガで予選です。

それなのに明日まるで勝つ気がなく、デッキを回したりカード買ったりしに行こうとしてる私はこれでいいんでしょうか。

「あんまりよろしくない気もしますよ、一応仮にも名目上はギリギリでプロですし」

そこまでギリギリだったかなあ……とまれ、今回はセカンドセンチュリーベーシック環境脳内構築第二弾。私には絶対につくれっこないほど高額レア満載デッキ〜。


デッキ名:黒赤コントロールスペシャル(シュレジェミコントロール)?

「なぜ疑問系」

そこがポイントです。


ユニット―13枚―
キラー×3
スリーピング・パペット×1
スパイク・ガールズ×3
イビルアイ・ドライバー×3
幻影王ルドルフ×1
時空を歪める者シュレーゲル×2

ストラテジー―
失恋の痛み×3
真夜中のダンスパーティ×3
絶望の連鎖×2
冥界の門×3

赤―16枚
ユニット―11枚―
偵察戦鬼一眼虫×3
ステルス・スナイパー×3
惜別のジェミニ×2
決意のジェミニ×3

ストラテジー―2枚―
紅き覇王の門×2

ベース―3枚―
ドラゴンの洞窟×3


使い方。
とりあえず除去してください。序盤は失恋の痛みや呼声ユニットなどを使っていきましょう。
一気に攻められないよう気をつけながら除去を繰り返し、決意のジェミニあるいはシュレーゲル様を出してください。決意のジェミニは出すタイミングに注意、このデッキなら一眼虫やスパイク・ガールズなどで中盤に軽くスマッシュを入れることができます。
相手が速攻ならば受身に回ってなんとかしましょう。回り方に格差が出なければなんとかなるはずです。
緑単色系はよほど馬鹿回りしなければお客さんなので、パーティに誘ったりしましょう。

「しかし……除去コントロールですか」

4色プランに勝てて、他のデッキにもちゃんと勝てるコントロールデッキを作ろうと考えるとどうしても墓地効果プランユニットを使わなければならないという結論に行き着いてしまう。
色が合えば入れない理由がないカードはやはり危険かと。警戒で止めてしまってよかったのだろうか……どうもDMのボルバル制限どまりなどと同じような“手遅れ感”がします。むしろそれより悪いか?

「まあ多分、制限なり禁止なりしなければ永遠にデッキに入る続けるカードでしょうね。あの三枚は」

最悪予選終了ぐらいにはそうなると思ってるのですが、もしグランプリ4本戦までもこのままなら――。

「このままなら?」

正直、引退かなあ、と。他のカードゲームに比べて少ない金額でなんとかできるからやっていた、というのがあるんですが、今回いきなり突き放されましたから、この上プランユニットまで揃えなければならないとなると……
カードがなくてもなんとかする、なんて奇麗事ですからね。カードがあった方が色々なデッキの動きが研究できて、強いに決まっています。プロキシで動かすにしても、プロキシだらけのデッキで何度も対戦をしてもらうというのは相手もそれほどいい気分にはならないでしょうし。

っと、これ以上はやめときましょう。それではまた〜

posted by ベネディクト at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ディメンション・ゼロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

脳内構築を極めるんだ!!

ってなわけで、カードが足りない時の友、脳内構築にてアイデアをひねり出します。

「まあ、頑張ってください」

投げやりだね。それでは、パッと思いついたデッキをカード名の大部分を略称してお送りいたします。

ユニット―28枚―
ノックアウト×2
シバ×3
チワワ×3
フェンリル×3
花束を捧げる乙女×3
ホーリー・トマホーク×3
ホーリー・バスタード×2
バンブー・ベイビー×3
蜘蛛の巣をまとうフェアリー×3
妖魔の勇者×3

ストラテジー―9枚―
天国の門×2
白き聖王の門×1
束縛の連鎖×3
小さくて大きな力×3

ベース―3枚―
食獣植物の城壁×3


すいませんでした!


「あやまるぐらいならやるなー!」

まさかこんなことになるとは……まあ実際に作る時はもっと頭のいいカンジにします。
ともあれ使い方としてはストラテジー……ロック! 
そしてユニットを……ロック! ついでにエネルギーもロック!
あとはバスタードとかで殴ってください。

「テキトー……」

適当ですよ、パッと思いついただけですから。カードが手に入らないとこんなデッキしか思いつかない。なんとか努力しようと思ってます。トレードとかトレードとかで。余ったカードをトレードで手放した記憶がありません。

「では、このあたりで私が終わらせていただきます。皆さんさようなら〜」

勝手に終了するな!











………終了します。
posted by ベネディクト at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ディメンション・ゼロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

暇が無いということ。

はい、やっと文化祭が終了しまして明日明後日と代休が続いたら……学校です。期末まで時間がありません。勉強です。中間が一学期よりも落ちていたので期末で挽回せねばなりません。

「ああ、前は学年2位でしたっけね」

それが今回は学年5位&クラス2位。クラスに私より上がいる。これは大変です。ちょっと勉強しなさすぎました。ルーム長の名が泣くって門です。この誤字はわざとです。
一番の問題は、D−0の練習をしている時間がないということでして、可能な限りオーガ等には行く予定なのですが。

「それじゃ、ここの更新も厳しそうですな。前からですが」

ま、そゆことですが。正直あの銀レアの数でカードを揃えるのが無理になってきたので、今回のグランプリ関係は諦めムードですね。

ま、そんなわけで、近況報告、以上です。
posted by ベネディクト at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

白の時代が怒涛のごとく押し寄せます。

とりあえず最速3ターンで7000移動2コストのユニットが出てくるというのは納得がいきません。

「ああ、サウンドマスター・エンジェルと呼声ユニットですね」

というか黒単コントロールで闘ったら迂闊にハンデスできませんよ。まあシバとかに失恋の痛みが封じられるんですが、スパイク・ガールズがスーサイドカードになりうる環境っておかしくないですか?

「まあ、その前に失恋の痛みがノータイムでエネルギーセットされるというのがおかしいですが」

しかし、これは環境が変わったと見るべきでしょうか。こうなってくると失恋の痛みを入れないというデッキ構成もありえます。だって使えないんですから。
それはともかく、白の呼声はヤバすぎです。横にシバでもチワワでも居ればサキュバスの吐息で溶かしたり毒蛇のひと噛みで殺したりできませんし、1500というパワーのおかげでブラック・ホールではとかせません。つまり、低コストで除去するのは難しいのです。
最大4コストまでのストラテジーを封印する白に対しては、やっぱり5コストストラテジー。絶望の連鎖がオススメ。というか入れなきゃ黒は勝てません。

「ハウンドとエンジェルで、白はあと10年は闘えるんじゃないですか

おいおい。
まあとりあえずハウンド、エンジェル混合型等ありますが、ハウンドウィニーとか強い気がしてるのは私だけですか? 
だって……ドラゴン・ブレス? チワワがいるので撃てませんよ?
↑おかしくないですか? さらに……ではガーディアン・ソウルを使用します、そちらコンバットトリックは使えないので破壊ですね。

おかしくないですか?

さらに色が白であるからして――
ああ、厄介なベースが出たなー、ベースはハウンドたちじゃ防げないしなー、とりあえずプランを、

花束を捧げる乙女

「…………」

まあ、一応弱点はありますけどね。
カオスヘッドとかシュレーゲル様とか………ヘカトンケイルとか。

「ヘカトンケイルまでの間は一体なんなんですか」

(無視)まあ昨日購入したシュレーゲル様が止まらなかったわけです。8コスト素出しで普通に活躍しましたから。まあシバの伝説に抗う手を使われたのには驚きましたが。

「やられたんかい」

見事に2:2交換されましたよ。まあその前にクライング・パペットの隊列召喚をしてましたが(それに対応で撃たれた)
結構成立しますよ、トライアングルは。無理そうならエネルギー行きですが、隊列召喚って夢がありますよね。

「夢しかないような気もしますが、これからの研究で隊列召喚の“実戦レベル”がどのあたりに定まるか、ですね。ストレートかトライアングルか」

まあエックスは無視して良いですね。奥に2体もユニットを置ければそのまま勝ってると思います。

「まあ、そりゃそうですね」

ブードラとかやってきたんですが。レポートは必要ないですね。とりあえず2枚目のヘカトンケイルを取りました。
当然、選択の余地が無かったからですよ?

「まあ、負けました、と。じゃ、そろそろ終了でいいですね。はい終了」



posted by ベネディクト at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ディメンション・ゼロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。