無料カウンター出会い出会い映画SEO出会い出会いSEO対策SEM TODAY: YESTERDAY: 月光を浴びる: 第二回戦術論

2005年11月06日

第二回戦術論

前回は移動についてでしたが、今回はバトルについて、

「レッツゴー」

それでは、まず相手がこちらの『聖騎士ホーリー・フレイル』に対して『ロマネ・コンティ』を移動させてきました。相手の手札は1枚、残りエネルギーは白3、緑2です。
そこでこちらは移動にスタックして『ダイヤモンド・ソウル』を発動し、返り討ちを試みました。

しかし、そこで相手はさらにスタックして『クリスタル・フォートレス』を発動。
当然パワー9000となった『聖騎士ホーリー・フレイル』は、パワー10000となった『ロマネ・コンティ』に破壊されてしまいました。これは仕方が無かったのか? 実は、この事態を防ぐ事が出来ました。

まず相手の移動、これを解決させる…つまりバトルに突入してしまうのです。それからダメージがスタックに乗る前に『ダイヤモンド・ソウル』をプレイ。こうする事によって、相手はクイックタイミングの『クリスタル・フォートレス』をプレイ出来ないので、当然『ロマネ・コンティ』は返り討ちです。

これはタイミングに気をつけようといったところですか、続いては自分が相手のユニットを破壊しようと、自分のユニットを移動させた時です。

自分のユニットは『ロマネ・コンティ』1枚のみ、相手のユニットは『狼王ロボ』1枚……相手は特に何もせずにバトルを解決させ、『狼王ロボ』は破壊されました。しかしここでスマッシュフェイズへ移行したい事を伝えると、相手は『玩具商人ペンギン・ポー』を『ロマネ・コンティ』の居るスクエアにプレイしました。そのまま対処できず、『ロマネ・コンティ』は破壊されました。
相手が失ったカードは2枚、しかし『玩具商人ペンギン・ポー』の効果によって1枚ドロー、つまり相手は場の『狼王ロボ』だけを失い、こちらは場の『ロマネ・コンティ』と、その移動コストを失ったわけです。

こう考えると、相手がアドバンテージを得ていますね。場に出ているカードというのはそれだけで手札にある同じカードより基本的には価値が上です。しかもパワー8000のコスト6ユニットを、こちらはほぼ『狼王ロボ』と交換した事になりますから(相手は手札の枚数は減らしていない)相手に一歩リードを許した事になります。相手の手札の枚数と、エネルギー残量を照らし合わせて行動を考えましょう。

まず、一体破壊された場合でもすぐにリカバリーできるよう、他にもユニットを出して、場を整えてから行動しましょう。こうすることで、自分のユニットが一体倒されても、対応に追われる事もなく、余裕を持って行動できるはずです。

「へ〜」

聞いてなかったでしょ? 日輪剣!

「なんじゃそのなんでも切れそうな剣は―」

シュパッ!

では、ここらで終了しますね。
posted by ベネディクト at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦術等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。