無料カウンター出会い出会い映画SEO出会い出会いSEO対策SEM TODAY: YESTERDAY: 月光を浴びる: 白の時代が怒涛のごとく押し寄せます。

2006年10月29日

白の時代が怒涛のごとく押し寄せます。

とりあえず最速3ターンで7000移動2コストのユニットが出てくるというのは納得がいきません。

「ああ、サウンドマスター・エンジェルと呼声ユニットですね」

というか黒単コントロールで闘ったら迂闊にハンデスできませんよ。まあシバとかに失恋の痛みが封じられるんですが、スパイク・ガールズがスーサイドカードになりうる環境っておかしくないですか?

「まあ、その前に失恋の痛みがノータイムでエネルギーセットされるというのがおかしいですが」

しかし、これは環境が変わったと見るべきでしょうか。こうなってくると失恋の痛みを入れないというデッキ構成もありえます。だって使えないんですから。
それはともかく、白の呼声はヤバすぎです。横にシバでもチワワでも居ればサキュバスの吐息で溶かしたり毒蛇のひと噛みで殺したりできませんし、1500というパワーのおかげでブラック・ホールではとかせません。つまり、低コストで除去するのは難しいのです。
最大4コストまでのストラテジーを封印する白に対しては、やっぱり5コストストラテジー。絶望の連鎖がオススメ。というか入れなきゃ黒は勝てません。

「ハウンドとエンジェルで、白はあと10年は闘えるんじゃないですか

おいおい。
まあとりあえずハウンド、エンジェル混合型等ありますが、ハウンドウィニーとか強い気がしてるのは私だけですか? 
だって……ドラゴン・ブレス? チワワがいるので撃てませんよ?
↑おかしくないですか? さらに……ではガーディアン・ソウルを使用します、そちらコンバットトリックは使えないので破壊ですね。

おかしくないですか?

さらに色が白であるからして――
ああ、厄介なベースが出たなー、ベースはハウンドたちじゃ防げないしなー、とりあえずプランを、

花束を捧げる乙女

「…………」

まあ、一応弱点はありますけどね。
カオスヘッドとかシュレーゲル様とか………ヘカトンケイルとか。

「ヘカトンケイルまでの間は一体なんなんですか」

(無視)まあ昨日購入したシュレーゲル様が止まらなかったわけです。8コスト素出しで普通に活躍しましたから。まあシバの伝説に抗う手を使われたのには驚きましたが。

「やられたんかい」

見事に2:2交換されましたよ。まあその前にクライング・パペットの隊列召喚をしてましたが(それに対応で撃たれた)
結構成立しますよ、トライアングルは。無理そうならエネルギー行きですが、隊列召喚って夢がありますよね。

「夢しかないような気もしますが、これからの研究で隊列召喚の“実戦レベル”がどのあたりに定まるか、ですね。ストレートかトライアングルか」

まあエックスは無視して良いですね。奥に2体もユニットを置ければそのまま勝ってると思います。

「まあ、そりゃそうですね」

ブードラとかやってきたんですが。レポートは必要ないですね。とりあえず2枚目のヘカトンケイルを取りました。
当然、選択の余地が無かったからですよ?

「まあ、負けました、と。じゃ、そろそろ終了でいいですね。はい終了」



posted by ベネディクト at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ディメンション・ゼロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。