無料カウンター出会い出会い映画SEO出会い出会いSEO対策SEM TODAY: YESTERDAY: 月光を浴びる: ヴァンパイアの栄光が始まる。

2006年05月25日

ヴァンパイアの栄光が始まる。

と、いうカンジで今日公開の新カード考察です。

「どちらのカードなのかが即わかりますね」

はい。というわけで『怪盗紳士シュタインメッツ』の考察を。

怪盗紳士シュタインメッツ 黒2無4 移動コスト黒1無2 クイック ヴァンパイア
このカードが手札かプランゾーンからスクエアに置かれた時、このカード以外の種族「ヴァンパイア」のあなたのユニットがバトルスペースのスクエアに置かれていないならば、このカードを持ち主の墓地に置く。
墓地効果(このカードが墓地にある場合、以下のテキストが有効になる。)
[黒1無1]《ノーマル》あなたはこのカードを持ち主の手札に加える。
パワー6500 スマッシュ2


私の時代が来た。ってなカードです。

「いや、お前の時代などないが」

…………まあとにかくこのカード、ちと重いですが黒1無1で墓地から手札に戻る。これはかなりデカイ事です。2コストで手札1枚が確保できる。後半、1枚のカードが勝敗を分ける状況で、回収、迎撃が繰り返せるこのカードがあればもう……

「というかパワーも回収効果を考えれば不足というほどでは無いですし。スマッシュも2。相手がコストとカード1枚以上を使って迎撃しても2コストで回収されては、ね。ただ、少しコストが重いですが」

もう少し軽いのがあってもおかしくは無いですね。4コストぐらいでパワー3500や4000といったところで。ただの希望ですが。やはりこれ以上低いコストだと悪さが出来すぎるでしょうし。
デメリット効果も、新たなヴァンパイアも居るでしょうし、今回のエキスパンションのテーマの一つは『種族』なのですから。当然ヴァンパイアデッキを――
組みますよ組みますとも。とうとうこの時が!

「はいはい、そろそろ終わりましょうねー。それではまた次回」


posted by ベネディクト at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ディメンション・ゼロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。