無料カウンター出会い出会い映画SEO出会い出会いSEO対策SEM TODAY: YESTERDAY: 月光を浴びる: ダミアン高いっ!

2005年12月29日

ダミアン高いっ!

高すぎ、なんでシングル価格が余裕で1000超えるんでしょう。他のカードもねぇ。

「強いからでしょう」

………まあ、間違ってはいないですが、30パーセントってとこですね。

「どういう意味でしょう?」

確かにカードの値段は強さでも決まりますが、それ以上に枚数が少ないからです。
だからまあアンコモンまでで200を超えるカードはシングルでもまず無いでしょう?
例えば、アンコモンにダミアンがいたら、今の半分の値段でも付いたと思います?
まあ逆にアンコモンにも強力カードは他のカードゲームとくらべて多めにあるので、ここのところはディメンション・ゼロの良心的なところですが、やはり強いカードはレア、アンコモン、コモンでもパックから出にくい傾向にあるようですね。

「……確かに、考えてみればパックからクレーターメーカーや冥界の門がほいほい出てきてたら5パック分以上の値段が付くわけないですね」

その通り、まあディメンション・ゼロはユーザーが少ないというのも原因なんですが……カードが出回ってないですから。
しかし、それにしてもこのシングル価格の高騰は異常です。特に『轟く斧の乙女』や『カオスビースト・ゲンブ』なども殆どは1000を超えています。問題なのは、効果なしカードにこれほどの値段が付いてしまう事です。普通に考えておかしいでしょう。

「…まあ、そうかもしれませんねぇ、考えてみればパワーが高いだけなんですよね。そもそもレアカードである事がおかしいかも……」

そう、レアカードでなく、アンコモンにするべきでした。高パワーデッキを作るなら必須になるあの二種類を、なんでレアにして、しかも封入率を下げているんだ、という事です。(封入率が高かったらいくらなんでもここまで値段は高騰しません)

ロマネ・コンティやボンガ・ボンガなどよりもカオスビースト・ゲンブの方が封入率は低いように感じてしまいます。ユーザーが増えれば値段の高騰も多少は改善されますが、まあレアカードに強力なカードを殆ど入れないというのは、企業側にもカード店側にも不利益だし、買った方もレアカードが弱いのではがっかりですから、仕方ないは仕方ないのですが、中、高校生をターゲットにしているなら、もう少し考えて欲しかった。

では、今日はこれで終了します。

posted by ベネディクト at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ディメンション・ゼロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。